新潟市西区で経絡整体-基本整体

全身のコリ解消の技術の肝。基本整体の説明をします。

新潟市ぜん整体院「西区」のトップページ経絡整体で全身を調整

ぜん整体院の施術内容 | 一番大切な基本整体の内容
   

新潟市ぜん整体院の施術について

ぜん整体院の施術では、どのような症状の方も経絡指圧身体の土台を整える施術を最初に行います。この施術が、身体を元気に保つ根本であると考えているからです。

ここで紹介する技術以外、いろいろな技術を組み合わせて施術を行いますが、この土台を整える技術が一番大切で、ぜん整体院の施術の肝の部分です。

このベージでは、お店に興味をもって頂いた方が、自分が受けるべき整体かどうかイメージがつけばいいと思い、

・身体の土台を整える施術とは?

・写真で基本整体の紹介

・ぜん整体院の経絡の整体とは

の順に説明します。

身体の土台を整える施術とは?基本整体について

身体の土台を整えるとは、足をストレッチを効かせながら圧し・骨盤矯正を行い・お腹を調整しながら圧す技術です。

ぜん整体院では、

・身体の中の筋肉の70パーセントを占める足を調整

・上半身と下半身の歪みの原因になりやすい骨盤矯正

・身体の中心のお腹の指圧

※昔の漢方の大家である吉益東洞は「腹は生ある本なり、故に百病はここに根ざす、ここを以て病を診するには必ず腹を候う」とお腹の指圧の大切さを語っています。

の整体を行う事が、整体を行う上で必ず行わなくてはいけない事で、その事が既に・全身のコリ・身体の歪み・肩こり・腰痛に対する大切な施術の一つになっていると考えています。※その後、各種症状の部分整体を行います。

ぜん整体院では、この土台を整える施術を基本整体として全ての施術の際に行います

写真で基本整体の紹介

うつ伏せ・仰向けの順に施術を進めます。各写真にコメントを付けます。臓器の名前は漢方でその部分に関係が深いスジを圧してい体ると考えて下さい。

うつ伏せでの整体

基本整体での圧し方には何点かのルールがあります。それは、

・ゆっくり圧を乗せて

・圧の方向を定め

・ジーと止まり

・ゆっくり圧をゆるめる

事を繰り返します。この方法が、体表から手技によってツボを開かせる方法だからです。

欧米では、ゆっくり動き止まるこの技術から、禅を組んでいるとの連想をを持つらしく、禅指圧と呼ばれています。

新潟市ぜん整体院の背骨を指で挟んで圧している写真

背骨を指で挟むようにして、身体の体重を乗せて圧します。背中の固さをチェック。

背骨のキワをおす整体法

手首の付け根の手根で、背骨のキワに圧を入れて圧しています。

新潟市ぜん整体院の膀胱を膝で圧している写真

足の裏のスジを膝で圧します。・コツは膝に身体の体重を乗せゆっくり深く圧す事。・膝以外両手を使い沢山の施術のポイントを作る事。(経絡・膀胱系)

太ももの裏の腎系を膝で整体

足の裏のスジを膝で圧します。膝で相手の足のスジをとらえて圧している感覚をもって圧す事が、気の入った指圧になります。(経絡・腎系)

新潟市ぜん整体院の心系を膝で圧している写真。ガニ股に対する施術。

足のストレッチを更に効かせて、足の内側のスジを圧します。ガニ股の方は苦手な動きです。ストレッチ効果もあります。(経絡・心系)

肝系の経絡を圧している写真

足のストレッチをもっと効かせて、更に内側のスジを圧します。(経絡・肝系)

足の外側のスジを圧している。大腸系。

足の外側のスジを圧します。足が内股の方が苦手な動きで股関節が固いとお尻が浮きます。ストレッチで股関節を広げる動きも行っています。(経絡・大腸系)

新潟市ぜん整体院の胆系に対する膝での指圧

膝を外側に開き、足の外側のスジを圧します。(経絡・胆系)

三焦系の膝による指圧。

胆系と同じ形で少し下のスジを圧します。(経絡・三焦系)※三焦は臓器にないですが、経絡整体ではリンパ・細かい血管にあたるとして、強い肩こり・首のコリに関係が深いと考えています。

足の長さをチェックしている

足の長さをチェックします。うちくるぶしの位置でチェックしています。骨盤の歪みをチェック。

骨盤の高さチェック

骨盤の高さをチェックします。骨盤の歪みをチェック。

股関節に対する技術

股関節の調整の動きです。

新潟市ぜん整体院の骨盤を昼る矯正

骨盤を捻ります。

角度を変えて骨盤を捻る写真

角度を変えて、骨盤を捻ります。

仙腸関節に対する肘圧

仙腸関節の調整の動きです。患者さんの足を横に出して、仙腸関節を圧すのがコツです。

新潟市ぜん整体院の腕を手根で圧している写真

二の腕を圧します。肩こり・首のコリ・頭痛に持ちの方は固くなっている場合が多いです。

仰向けでの整体

仰向けでの施術のポイントは、お腹の指圧です。仰向けの間は、初めから終わりまでお腹の指圧を行い続けます。

お腹をゆるめる事は、日本で昔から用いられている伝統的な施術方法です。

その他、手と足を使い同時に複数の箇所を圧す事も特徴です。沢山の面積を同時に圧すと2つの長所があります。

①ほぐれやすい。

②圧される痛みを感じにくい。その為、強めに圧せる。

新潟市ぜん整体院のお腹に対する指圧。

お腹を12経絡に分けて圧していきます。ストレスの多い生活・寝不足・腰痛等、諸々の理由でお腹は固くなります。

固いお腹の方は圧されると違和感が強く感じます。圧されて柔らかい・圧される事が心地よいと感じるお腹を目指します。

足の前面、胃系の指圧。

足の全面を膝で圧します。足の全面のスジは運動不足の方・女性の方は固くなっちる方が多い部分です。冷え性・胃の症状に関係する部分と漢方では考えます。(経絡・胃系)

足と同時に下っ腹を圧します。下っ腹は自律神経・強い腰痛に関係が深く、仰向けのでの足の操作の間は圧し続けます。

三焦を圧す。

足の全面より少し外側のスジを圧します。(経絡・三焦)

新潟市ぜん整体院の脾系の施術。

足をくの字に曲げて膝近のスジを圧します。股関節のストレッチになります。内股の方は苦手な動きになります。女性の方は、この膝近くが固く冷え性などに効果的な場所です。(経絡・脾系)

小著系の整体。

足の角度を変えて圧します。(経絡・小腸系)

内転筋をこぶしで施術。

足をさらに曲げて内転筋を圧します。身体の疲れ・疲れからの腰痛のポイントになります。(経絡・心包系)

角度を変えて内転筋を指圧。

同じ形で圧す角度を変えて施術します。(経絡・肝系)

2回目のお腹に対する施術。

もう一度お腹を圧します。初めにお腹を圧した時より、柔らかい・圧された違和感が少ないチャックします。

お腹の状態が変わっている場合は、整体の効果が特に期待出来ます。

これで基本整体は終了です。その後、各種症状にたいする施術に入っていきます

ぜん整体院の経絡の整体とは

基本整体の考え方を説明します。基本整体は身体のコリ・歪みを解消させる為に様々な工夫が施してあります。

工夫の大部分は圧し方になりますが、圧す場所・圧す方向・圧す方法はすべて漢方の考えを整体で実行する為の方法になります。ですから解説の際は漢方の考えが書かれています

漢方の考えコリとそこに対する整体

漢方の考えてコリとは、

コリは人間が何かに意識を向けて(気を向ける)、その方向に体を動かし、その状態で動きを止めると、動きのエネルギーを蓄えたままそこに閉じ込められています。その状態がコリと考えます。

※今、私はパソコンの前で作業していますが、この状態が続くと肩や背中にコリを感じます。

この一か所に気を奪われると、全身の気血の流れがスムーズにいかなくなる。そうした気の滞りが深くなってくると体調が優れなくなる。(コリは万病のもと)

※パソコン作業が長くなり、身体にコリを感じた状態を放置。翌日・翌々日と同じ作業を続けると、頭が痛くなったり・首が回らない状態になる。

この状態から全身の気血の流れがスムーズに行える様に何かの方法を施すのが漢方の考えです。

この考えは漢方薬・お灸・鍼で昔から行われてきましたが、この考えを整体に取り入れたのか経絡整体です。

整体は、漢方薬・鍼の様に身体の中に行う事ではありません。体表の刺激で気血の流を改善します

整体での体表の刺激による施術は、漢方薬・鍼に比べ、手軽にできる事が大きな特徴です。

この手軽と言う特徴を活かす為、基本整体では全身の施術の有効箇所を広範囲に施術します。12の経絡を圧し伸ばす施術です。

12の経絡を圧し伸ばす整体の方法

ツボとツボを結んだ線が経絡です。この12の経絡を圧し・伸ばす事で、身体の歪み・コリを解消します。手軽である整体は、何の苦も無く12の線を圧す事ができます。受けてもそれほど身体に負担を感じる事なく、気持ちよく全身の施術を受ける事が出来ます。

※漢方薬や鍼はこの線の中より、厳選して何本かの線に対する行為を行います。

この線(経絡)は、それぞれ内臓に関連付けた名称がついています。

経絡を体表から刺激する方法

体表からの刺激の方法は、いわゆる「ツボにはまる」施術を行う必要があります。それは身体に対して真っすぐに安定した圧で圧す事です。

それが出来た時、ツボが開き気血が流れ身体のコリ・歪みの解消につながります。

部分整体の紹介

基本整体の施術後に症状別の部分整体を行います。

肩こりが気になる方

腰痛が気になる方

身体の歪みが気になる方