新潟市西区で腰痛に漢方施術

漢方整体の全身施術と腹を中心の技術を行います。

新潟市ぜん整体院「西区」のトップページ経絡施術で全身を調整

腰痛| 足・腹をシッカリ指圧。その後に腰へアプローチ。
   

新潟市西区で腰痛にお悩みの方

「腰痛」と言うと、50歳以降徐々に身体が年齢と共に固くなり起こる、老化現象の様に思われがちですが、10代より腰痛に苦しみ整体院へ通う方もいます。

腰痛の重要箇所(うつ伏せ)

腰痛のうつ伏せの重要箇所図

A太ももの裏の指圧

腰痛の原因は様々あると思いますが、

施術でまずAの太ももの裏のスジを圧します。

それは腰痛持ちの方の多くが太ももの裏が固くなっている為です。

太ももの裏の施術動画

B骨盤の矯正

次にB骨盤の矯正を行います。

動作の確認を行いながら丁寧に行います。

骨盤矯正動画

C腰に対する施術

Cの腰に対する直接の施術はABに比べて慎重に行います。痛み違和感が強い場合は後回しにします。

C腰に対する施術

腰に対する施術はCストレッチをまず行います。

動きの固さ・痛みの出方を確認しながら、曲げる方向を見極めながらおこないます。

腰のストレッチの動画

C腰に対する施術

C腰の肘圧です。

腰の骨のキワを肘を使って圧します。ついでに肩甲骨の内側も余った手で圧します。

腰の肘圧の動画

仰向けの重要箇所の施術

腰痛の仰向けの重要箇所図

Dお腹の指圧(下っ腹の指圧)

お腹は様々な理由で柔軟性がなくなります。D下っ腹は腰の下の方と表裏一帯になっていると考えています。

下っ腹を圧す施術

D下っ腹を手で圧します。初めは違和感を感じる部分ですが、慣れと解れで徐々に心地よく受ける事が出来ます。

お腹の指圧の動画

下っ腹を圧す施術

D下っ腹を角度をつけてグッと圧す。お腹の施術あると同時に腰の下の方を調整する施術です。

少し強い技術ですので初回の施術では行いません。

ヘルニア矯正の動画。

E足の内側の指圧

足の柔軟性は全般的に腰に関係すると考えますが、特にE足の内側は腰に深い関係があると考えて施術します。

足の内側の施術動画

初回整体について

腰痛に強く関係する施術の紹介をしましたが、初回の施術は肩首も含めた全身の施術を行います。

上半身の歪みの調整が腰に良い影響がでる場合もありますし、全身の状態を確認する為です。

初回60分コース(4000円)です。(2回目以降は40分3500円のコースを受ける事ができます)。

その他の腰痛施術

腰痛の技術をもう少し紹介します。

腰椎の偏移を調整する施術

腰椎の偏移矯正

腰椎の曲がりに対する施術です。曲がった所に圧が掛かる様に捻る体勢を調整して行います。

腰椎矯正の動画

腰の横を圧す施術

腰の横圧しは腰を軽くする施術として、施術の最後によく行います。

腰の横圧し動画

痛みからの快方向への動きを用いた調整

快方向への動き

腰に痛みが出る動きを見つけて、その動きに対する痛みがない動きを行いながら腰を調整しる施術です。

腰痛体操

家で行える「腰痛体操」を指導します。骨盤の調整・体の左右さをとる動きなどを指導します。

腰痛にたいする左右のストレッチ

整体の考えを使ったストレッチです。左右に体をゆすり・痛み・違和感を確認しながら行います。

大変シンプルでお家で毎日行うと良いと思います、ぜひ覚えて実践して下さい。

今朝急に腰に痛みが出た方へ

急に痛み出て身体を起こす事が辛い様な症状の場合、多くが急性の腰痛です。

急性の腰痛には整体はあまり効果を出す事が出来ません

急性の症状の場合は何よりも動かない事が一番の療治になります。3日間はトイレと食事意外動かない事が仕事だと思って休んで下さい。

そうすると、腰痛は緩和します。

(多くの方が少し良くなると、仕事や家事を行い、その事で痛みがぶり返し休んでも取れない慢性腰痛になります。)

※身体を動かしてないのに腰・背中が強く痛む、休んでも痛みがどんどんひどくなって行く場合は他の疾患も考える必要があります。早急に病院にて検査をしましょう。

3日休んでも腰痛が気になる方

シッカリ休んでそれでも腰痛が気になる時(慢性腰痛)は整体を行えます。目安は3日です。3日たったら多少痛くても身体を動かす事が大切になります、整体も様子を見ながら行えます。

まず3回受けてみて下さい

初回の施術は、「腰の痛み・だるさ・座骨神経痛」が緩和するように指圧を行いますが、初回に行えない技術があります

初回は、ほぐしの技術で身体にどんな反応がでるか(足が軽くなる・腰が軽くなる・痛みやダルさ出る)を確認します。

施術後、ダルさや痛みが出てその後調子が上がる事が良くあります。特に初めての技術の場合それが強く出ます。

そこで初回はあまり強い事は行いません(矯正はしない)。

そして二回目以降、様子をみながら「腰の痛み・座骨神経痛」(強めの技術)に対する矯正を行っていきます。

その為、慢性症状に悩んでいる方は、出来るだけ間を詰めて(3日後がベスト)3回は施術を受けて見てください

トップ